珪藻土バスマット

年末になると今年買って良かったものをブログで紹介している方がいるので、参考にして買ってみることがあります。

今回は珪藻土バスマットの記事がいくつかあがっていたので、さっそくAmazonでこれを買ってみました。

 そもそも珪藻土ってなに?

そもそも珪藻土ってなにというところから調べてみました。

wikiによると

珪藻土(けいそうど、diatomite、diatomaceous earth)は、藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)である。ダイアトマイトともいう。珪藻の殻は二酸化ケイ素(SiO2)でできており、珪藻土もこれを主成分とする。

珪藻が海や湖沼などで大量に増殖し死滅すると、その死骸は水底に沈殿する。死骸の中の有機物の部分は徐々に分解されていき、最終的には二酸化ケイ素を主成分とする殻のみが残る。このようにしてできた珪藻の化石からなる岩石が珪藻土である。多くの場合白亜紀以降の地層から産出される。

 

ふむふむ、成分は化石ってことですね。

 

珪藻土素材の商品について

実際に使用するにあたり商品化されたものにはどんなメリットがあるのかというと

  • 表面には無数の小さな穴がある
  • その穴が水分を瞬時に吸収
  • 自立呼吸によって水分が放出される

 

つまり、吸収と乾燥にすぐれているらしい。

なので、コースターやバスマットなどの洗面所やキッチンなどで利用されることが多いみたいですね。